第2章~社会人になって~

工業高校卒業後は、

手取り15万の工場

に就職しました。

夏は43°は超える職場で
冬場は超寒いんです。

毎日必死に働いて、

初任給から毎月10万円
母親に渡しました。

僕の家庭では生活費として
渡していたので、
僕の将来の為に貯金してくれてる
なんてことはなかったです(笑)

20歳で1人暮らしを始めて、
22歳の時に上司が退職して
課長になりました。が、

お給料は増えないのに
仕事量と責任だけが増えました。

ちゃんと仕事しようと
努力すればするほど
時間が足りなくて、
とにかく残業しまくってました。

22歳で管理職…
残業代は出ましたが、
いわゆる

”ブラック”

ですよね(笑)

残業すると残業代で
給料が増えるし、周りからは
「偉いね」
「しっかりしてるね」
って褒められました。

お客様の為、会社の為、自分のお給料の為、
自分の努力は誰かが見てくれていて
いつか評価されていくんだ。って考えて
仕事してました。

「社畜精神」
のようなものでしょうか…?

でも、”何にもならなかった”

残業が偉い?

課長になって何か変わった?

この先も働きたい?

技術知識はついたの?

尊敬できる上司先輩はいる?

将来も安定?

僕の答えは全てNOでした。

残業のピーク時は
給料が多い錯覚に
陥りましたが結局、
体壊しました。

仕事だけの人生になるのも嫌。
もう嫌になるくらいまで残業したし…

でも!お金の問題は切って離せません。
家賃光熱費ローン…
貯蓄が無いから働くしかなかった。

したいことがないから
なかなか転職するにしてもな…

なんて考えていたら数年経って

ほんと悪循環でした。

第3章へ進む